実感の大切さ


私は自分の人生に於ける優先順位に関して熟考する贅沢がある。
熟考した結果を実践してみる自由もある。
その結果、私が自分にとって大事だと思うことは、
今の社会では見過ごされがちな事なんじゃないか、と思い始めている。
まず、打ち込める対象。
芸術でも、肉体鍛錬でも、哲学的探求とか、社会貢献や、真理究明とか、
他人に害を及ぼす事以外なら何でも良いと思うけれど、
本当に情熱と信念を持って打ち込める対象。
それからそれまでの習慣とか考え方にとらわれないで
新しい事を「面白い」「美しい」と思える柔軟さと健康さ。
それから、実感する、と言うこと。
「我を忘れる」とか「息を呑む」とか「時間の経つのも忘れて」とか
そう言うチャンスを多く持つ、と言うこと。
食べた事を忘れるような食事はしない方が良い。
空腹感を実感してから、食べた方が良い。
何を達成したか忘れてしまうような練習はしない方が良い。
その肉体的、聴覚的、思考的な探求を面白がって喜んで満喫できるような練習が最高。
そして実感は、信頼できる仲間と一緒に喜び合う方がしやすい。
私は、全てに於いてとっても恵まれている。