生産性を高める環境・努力・自主性


最近しばしばスタバで論文を書いている。

 

昔は「スタバで勉強する」と言う人がいると(なんで?)と思っていた。

私はスタバの値段設定も、

そのいかにもチェーン的なメガ・ビジネスでローカルなお店を威圧する感じも、

世界中どこでも似た様なお店の雰囲気も、(良くない!)と思う。

第一私はコーヒーに弱い。

味に関しては不覚にも最近「クワッ!おいし~い」、と

ビールを飲んだおやじの様になってしまう時もあるが、

コーヒー(ただのカフェインとは違う気がする)が入ると、

明らかに早口になり、自分に不信感を抱くほど社交的になる自分にいつもびっくり。

そして数日続けてコーヒーを飲んでしまった暁には必ず夜中に目が覚めるようになる。

 

それなのに「スタバで論文を読むのが好き」と言う友人に付き合って行ってみたら、

びっくりするほど集中して捗ってしまったのが半年ほど前。

最近は忙しくって日中全然論文に費やせなかった日には、

帰宅後にあわただしく文献をまとめて閉店まで2時間だけスタバで論文、

とかそう言う事もやっている。

3日、4日と続けて連日色々な地域のスタバ巡りをしてしまう事もある。

自分が賛成しないビジネスモデルに消費者として貢献してしまっている。

 

なぜ?

単純計算だと、移動時間が勿体ない。

夜にコーヒーは私は絶対飲めないので頼むのはハーブティー。

そんな物、家でも飲めるから、お金も無駄。

さらにスタバのコップも蓋もエコに悪い。

それに私が今使っている文献は広範囲にわたっていて、それを担いでいくのも難。

 

でも絶対に家にいたら出来ないレヴェルの集中度で

同じ2時間の密度が非常に高まるのだ。

 

同じことが練習についても言える。

私のアメリカン・ファーザーのエドが亡くなり、アメリカン・マザーのジョーンが家を売って

ずっと置いてもらっていたピアノをヒューストンに引き取ったのが今年の2月。

合わせ鏡で自分の姿勢を観察しながら練習できるように工夫したり、

近所迷惑を考慮して厚いじゅうたんを敷き詰め、ご近所に挨拶に行き

最初は(やっと練習室通いから解放された~、これからは書きながら練習!)と

本当にワクワクして色々試行錯誤していたのだが、

気がつけば朝一で学校の練習室で練習してから論文と言う生活に逆戻り。

「練習が煩いかもしれませんが」と、しばらく前にCDを持って挨拶に行ったら

「音楽大好き!時々かすかに聞こえる音楽はあなただったのですね!

もっともっと沢山練習してください!」と涙が出るほどありがたいお言葉をくださった

隣のステイシーが心配して日曜日に様子を見に来るほど、

家で練習しなくなってしまった。

 

勿体ない。

そして心配。

 

私はもうすぐ論文を終えて卒業する。

そしたら私の超長年の練習室生活ともおさらばなのである。

そして私は卒業したら今よりもさらに生産的に執筆も練習も演奏も続けるのである。

 

ここは考え時。

なぜ、練習室やスタバの方が自分の生活空間でよりも集中できるのか。

 

家で練習や論文を書いている時、一番の問題は気が散ることである。

ちょっと何かつまんで口に入れたくなってしまう。

そうしていると、ちょっとした美味しい物を作りたくなってしまう。

ちょっと散らかっているのが気になって片づけたくなってしまう。

論文を書いていても、文献を読み散らかして全然書いていなかったりする。

練習をしていると集中が続くか無くて(後でいいか)すぐギブアップしてしまう。

 

練習室でも集中が続かない時、と言うのはある。

そういう時はスマホで動画を見てしまったり、

驚愕的な時間をかけてFacebookの知人の動向を一心不乱に追ってしまっていたりする。

でもハッと我に返って自責の念に駆られた次は練習に戻るしか、選択肢が無い。

ところが家の場合、選択肢が広いのである。

(ああ、ここまで時間を無駄にしちゃったから

じゃあちょっと食べて・逆立ちして・ストレッチして・掃除して気分転換でも)とか

色々選択肢がある。

練習室でも逆立ち・ストレッチ・早弁の選択肢はある事はあるが、

早いもの順の練習室は朝の9時半になるともう廊下にズラリと順番待ちの生徒が並び、

しょっちゅう(まだですか~)(本当に練習していますか~)と監視窓から覗き込んでくるので

それをするのは同僚から総スカンを食らう覚悟でなければいけない。

(スマホを見るのは「私は音源を聴いているんです!」と言うウソがまかり通ってしまう)。

 

要するにスタバでも、練習室でも、やることの選択肢が非常に狭くなっているのだ。

 

もう一つ考えられるのは「背水の陣」の状況に自分を置く事にある。

練習室はいつも満杯。

私は朝型人間なので一番乗りを目指して、自分のお気に入りの練習室に行く。

しかし、一回その練習室をギヴアップしてしまうと、

その練習室でゆっくり練習できるのは多分明日まで可能性が無いか、少ない。

朝の練習で一通りカヴァーをしておく、その後一日練習しなくてもまあ良いか、ぐらいの

練習を朝のセッションでこなすことが必要。

スタバもいつも混んでいる。

私たちはスタバでいつも最低数時間は粘る。

その為には電源が近くにあって文献が広げられるとき位広い机が必要である。

そういう客は多い(だから最近はスタバの値段設定も前ほどはひどいと思わない)。

時には机が空いているスタバを求めて2件、3件と回る時もある。

やっと好条件のスタバ(の机)をゲットした際には

(このチャンスを無駄にしてはいかん!)と頑張る。

 

それで思いついた次。

投資に見合う仕事をこなそうと言う意気込み。

 

家から練習室にたどり着くまでドアツードアで30分かかっている。

スタバもまあ、色々考えたらそれくらいかも知れない。

さらにスタバの場合は金銭的投資もある。

それは自分への(仕事をします!)宣言なのでは。

そして練習室やスタバまで移動する時間、荷物を担いで歩く時間と言うのは実は、

メンタル面の準備、と言う利点があるのかも知れない。

運転しながら、歩きながら、(今日はこう言う事を書こう、今日はここを練習しよう!)と

結構考えている物である。

そして到着した時には(さあ、やるぞ!)と言う気力がみなぎっているのかも知れない

さらに移動の際に必要な歩行は脳の活性化と集中アップに一役買っているかも知れない。

 

よし、まとめ。

1.やることの選択肢を狭くする。

2.「背水の陣」の気持ちと覚悟。

3.投資に見合う仕事をするぞ、と言う意気込み。

 

それでは自主的にどうやってこの3点をこなすか。

1.はやることをリストを書き出して、それしかやらない、と決める。

2.「いつやるの?今でしょ!」はだから流行ったんだな~と実感。目標と締め切りをとても小さく(一時間以内でこれを仕上げる)とタイマーをかけるなど、工夫する。

3.投資(と歩行などに関する心・態度の準備)。

一つの作業を終えたら一々片づける。

ファイルをバックアップし、コンピューターを閉じ、文献を片づける。

練習が終わったらピアノを閉じ、楽譜をしまう。

さらに、論文はどこでも出来るので、ホテルのロビーや公園や、色々な場所を探求。

スタバは冷房が寒い!そしてコーヒーは体に合わない!そして高い!

 

よし、作戦会議(これも投資)終了。

これから頑張ります。

音楽人生、万歳!