ルネッサンスの試験、終わり!


勉強と試験と言うのはほとんど関係ないな~と思います。
おとといまでは、本当に勉強した。歴史的背景を理解しようと努力し、作曲家の生い立ち、環境、その結果の音楽的、宗教的選択と言うものを考慮して、そういった視点から彼の作品を読もうとした。でも、昨日とおとといの作業と言うのは、その絶大的な想像を超える歴史をなるたけ簡単な箇条書きにし、年号と共に丸覚えして、質問に答えられるようにする、と言うもの。山ももちろん張るし、質問しようのない事実や微妙なことは全て割愛!先生と教師の間の狐だましのような、ゲームのようなものです。
でも、筋肉と同じで、脳みそも使えば使うほど機能アップするものだな~と言う実感もあります。膨大な量の年号を丸覚えしていくのは、ある意味快感です。そして、自分で自分をテストして、自分が意識しているよりもはるかに多くの情報を記憶していることを知る時、人間の記憶力、脳みその不思議、そして自分の未発達の能力について、感動します。まだまだ頑張れる!
試験は上々でした。次はリサーチペーパーに締め切りが2週間後にあります。