朝8時から夕方6時まで教えて。 4


教えるのは、楽しみだ。
子供ってリアクションが本当に面白い。
4歳の時から教えているF君は、先週風邪でレッスンをお休みした。
治って出てきたと思ったら、今日はお兄ちゃんのA君が風邪でレッスンをお休みとか。
元気にレッスンを始めたのだけれど、途中からふにゃふにゃ泣き始めた。
もう6歳になったF君だけど、泣くのを見たのは初めてである。
「どうしたのかな~」
できるだけ、ゆったりと聞いてみた。
すると
「お家に帰りたい」
と言って泣いているのである。
良く聞いてみると、5日間学校をお休みして、今日初めて登校して、
風邪でお休みのお兄ちゃんが心配だし、なにしろママが恋しいのだそうだ。
しゃくりあげて泣いている。
う~ん、面白い。
いつも嘘をつく子がいる。
練習できなかった理由のウソ。
楽譜を忘れた理由のウソ。
まだ8歳だから、ちょっと尋問すれば嘘か本当かすぐわかる。
この子は実に楽譜を持ってくるのはレッスン4回に一回くらいの確率。
まあ、親にも問題があると思うけれど。
ところが、全く練習しないと思われるこの子が、
教えたことはすべて見事に覚えているのだ。
夏休み2か月を挟んでもなんのその。
リズムの数え方、音符の読み方、拍子のとり方。
するすると理解も記憶もずば抜けている。
どう言うことなんだ。
物凄い美人もいる。
まだ9歳だけれど、信じられない目の大きさ、まつげの長さ。
髪のカールも完璧。
何だかいつもぶかぶかの服をだらしなく着ているのだけれど、
それまで意図的にファッションとしてしているように見えてくる。
この子、自分がどれだけの美人か全く気が付いていない。
そして、ピアノの飲み込みを見ていると、かなり頭が良いのである。
内気で、社交的とはお世辞にも言えない。
いつも夢見がちで、自分の想像の世界で楽しんでいる感じ。
その容貌が、彼女の夢と野望の妨げにならないことをただ、ただ祈るのみである。
そうやって、木曜日は朝の8時から夜の6時までほぼぶっ続けで教える。
楽しいから、気にならない。
お家に帰っても元気いっぱいで(さあ、今から論文のリサーチでも)と思う勢い。
でも、一旦夕飯を準備して、パジャマに着替えて、コンピューターを開くともうだめ。
どっと出てきたリラックス感と言うか達成感と言うか、要するに疲労で、
もう放心状態である。
でも、「じゃあブログは書けるけれど、論文は書けないのですか」と言われると、
ちょっと言葉に詰まるのだけれど。。。
そう言えば、アマチュアピアニストコンクールの優勝者にはお医者さんとかがいるとか。
一日働いて、帰ってきて子供と夕食をとり、
子供が就寝した後3時間毎晩練習するのだそうだ。
おおおお。私も頑張らねば。


4 thoughts on “朝8時から夕方6時まで教えて。

Comments are closed.