病み上がりの音楽 2


その圧倒的な名声により、後にポーランドの首相まで務めた、カリズマ・ピアニスト、パデレフスキーは
「一日練習しなかったら自分にわかり、二日練習しなかったら評論家にわかり、3日練習しなかったら聴衆にわかる」と言ったそうだが、これは私にも当てはまるだろうか?
今日は、ちょっと反対の体験をした。
今朝の寝起きは、すっきりと言うのは程遠かった。
目の奥が重く、眠くは無くてもいつまでも瞼を閉じていたい感じ。
でも、もう4日もピアノに触っていない。
後で昼寝をするにしても、とりあえず起きてちょっとでも朝のうちに練習したかった。
シャワーを浴びながら、身支度をしながら、何度もくじけてベッドに戻りたくなる。
ここまで休んだんだからあと一日大事をとって完治してから練習再開の方がいいのかも知れない。
でも頑張って、練習室まで自分を引っ張っていく。
始めはやっぱりもどかしかったけど、弾いているうちにどんどん元気が出てきた。
目が、耳が、指が、体が段々覚めてくる。
どんどん音が、音楽になって聞こえてくる。
どんどん指が軽くなってくる。
そしてベルグが、シューベルトが、ベートーヴェンが、バッハが全く新鮮に聞こえてくる。
凄い!
毎日練習していたら絶対分からない感動。
生きている、と言う実感、音楽家で良かった、と言う実感がふつふつと沸いて、
思わずにこにこしてしまう。
頭が痛くて、ふらふらしていた時は友達に笑顔で挨拶するのさえ面倒くさかったのに。
4日休んで、やっぱり良かったんだ。
そして、やっぱりピアニストになって、良かったんだ。


2 thoughts on “病み上がりの音楽

  • やぺた

    ちゃんと休んだ方がいい気もするけど
    そんな気持ちになれたならよかったねー。
    でもまだ熱があるなら
    病院に行った方がいいよ!

  • ピアニスト、makicha

    >やぺたさん
    ありがとう! 優しいやぺた。。。
    でも、大丈夫だと思う。
    本当に練習したらすっかり嬉しくなって、
    なんだか元気になっちゃった。
    でも今日は早寝だよ。
    これでコンピューター切って、おやすみなさい。

Comments are closed.