時計の無い生活


私は今、全く時計の無い生活を送っている。
腕時計をしてはピアノが弾けない。
実際そうなのか、気持ちの問題か、何だか重く、締め付けられている様な感じがする。
だから弾くたびに外して、そのまま忘れてしまう。
忘れ続けるのは馬鹿らしいので、もう腕時計を持たなくなって何年にもなる。
携帯を持つようになってからは携帯の時刻表示を見ているが、
私の携帯はアメリカでしか使えないので、日本では携帯無し=電話も時計も無し、である。
これが妙に快感なのだ。
始めは「妙」だけだった。
それが今日本滞在2週間半目にして、何だかとても素晴らしいのである。
駅までの道もマイペース。
電車一本くらいやり過ごしたって、まあ、どおって事ないさ。。。ああ、良い風。
昨日は小さなサロン・コンサート。
毎回いらして下さるお客様と款談などしてくつろいでいたら、
開演時間が気が付いたら20分過ぎていた。
聴衆皆が参加する音楽談義で盛り上がっていたので、文句も出ず、
主催者側の「あれ、もう6時20分ですよ!」
に、皆大笑いして、演奏開始。
とても良い会になりました。