赤信号、皆で渡れば怖く無い!


昨日は、「Critical Mass Bicycle Ride(クリティカル・マス・ライド)」とと呼ばれる自転車のイベントに参加した。前にもちょっと書いた事があるが、ここには詳しくは書かないが、要するに自転車に乗る人が沢山集まって一緒に道路で乗りまわし、自転車の道路に置ける権利、自転車の良さ(エコ、経済的、など)を訴え、さらに車社会を批判しよう!と言う企画で、1997年にサンフランシスコで始まり、今では世界主要都市の多くで定期的に行われているらしい。(クリティカルマスに関して、詳しくはこちらで:http://www.geocities.co.jp/Colosseum/3641/cms/critical_mass0.html)
昨日はハロウィーン特別企画のクリティカル・マスで、私はクリティカル・マスは全く初めての参加だったが実に400人ほどの参加が在り、物凄かった。(普段は30人程度から100人程度まで、マチマチらしい)私は例によって自転車はセミ・プロのルームメートのリードに従って、彼女のコスチュームを借りて参加したが、キャット・ウーマン、ワンダー・ウーマン、バットマン、など色々面白いコステュームが沢山在って、それだけでも本当に楽しかった。
しかし、本当に本当にすごかったのは「クリティカル・マス」そのものである。7時集合、7時半出発で実に10時くらいまで乗り回すのだが、400人も自転車ライダーが集まるともう社会現象である。日本の装飾トラックの様に沢山ライトをつけてる自転車も在るし、ただの照明用のライトだけでも、400集まると本当に奇麗。そしてそれが道路を占領すれば、「赤信号、皆(400人)で渡れば(全然)怖く無い!」なのである。車も黙って待つしかない。クラクションをぶーぶー鳴らし始める車もあるが、400人と一緒だと全部只の応援に聞こえる。(実際には応援のクラクションと抗議のクラクションと両方在ったと思う。)交通規制のお巡りさんも2回ほど通り越したが、彼らも全くのあきらめ顔で「どうぞ」と言う感じである。(ヒューストンではクリティカルマスは毎週金曜行われているらしいので、割と定着している模様。)昨日は皆仮装していたし、自転車そのものに沢山装飾を施している人もいて、道端に見物人が沢山並んでいた。子供とかは指をさして、大喜びして行た。
ヒューストンのクリティカル・マスにはリーダーがいる。毎回しきっている様でマシューと言う名前の感じの良い男の人だった。道案内をしたり、クリティカルマスベテランのサイクリストに「次の信号の所で車をブロックして危険の無いようににして、皆を誘導して」とか、役割分担をしたりする。初めは「羊の群れを誘導する犬みたいだな、楽しいだろうな」と思っていたが、皆がその日たどるコースとかも前もって決めているらしく、物凄い責任だな、と思った。今回のはハロウィーン特別企画だったので、最後にコスチューム・コンクールが在り、彼はM.Cもしたのだが、大変楽しい司会で皆を湧かせていた。しかしコンクールに負けた人が彼を冗談で蹴ったらしく「僕は全く無料でこう言う奉仕をしているのに、蹴られるなんて割に合わない」と半分本気でマイクを通して訴えていた。
不思議なのは経費に関してである。このクリティカル・マス、参加費が無いのである。それなのに、昨日は終着点のバーではバーベキューが無料でふるまわれたし、コスチューム・コンクールの優勝者は25ドルもらえるのである。なんでこう言う事が可能なんだろう。社会運動とみなして寄付する人でもいるのだろうか?
2時間半ぶっ続けで乗り回すわけではなく、途中数回休憩が在る。昨日の休憩は一回目が結構町から離れた所にポツネンとあるギャラリーのオープニングだった。動かして遊ぶオブジェが沢山置いてあって中々面白かった。例えば靴が何足も置いてあって、その横に置いてあるハンドルをぐるぐる回すと、その靴が操り人形の様に歩き出すオブジェとか、じょうろみたいな物に細かいビーズが沢山入れて在って、そのぶら下げてある角度をちょっと変えるとサラサラと真っ青なビーズが降り始めるとか。もう一つとても印象に残ったのだけれど私がとても気持ち悪いと思ったオブジェは、大きな車輪に先っボが黒で段々紫になって行くベロンとした物がくっついていて、車輪をハンドルで回すとそのベロンとした物がベロリン、ベロリンと動く、と言うもの。初めから(気持ち悪いな)と思っていたのだが、一緒に見ていた人が「う~ん、これは牛の舌だね~、しかも本物だねえ~」と言ったので、びっくりして余計気持ち悪くなってしまった。次の休憩は大きな食料品店の前。食事を取らずに仕事から直接来ていた人も多かったらしく、しかも自転車を漕ぎっぱなしだったので(お腹が空いた~)と言う気持ちが蔓延しており、沢山の人がバイクを捨てて、店に走り込んだ。私は何となくぼけ~っと店の前で待っていたのだが、ルームメートが「ほら!サンドウィッチを2個ゲットしたよ、食べなよ!」と閉店直前で75%セールのサンドウィッチを分けてくれた他、ビールをケースで買ってきて見知らぬバイク仲間に手当たり次第配り始めた人にビールを一カンふるまってもらった。
物凄く楽しかった。凄い解放感、そして何だか社会運動に参加している様な自己満足。最高のストレス発散法だと思う。特にヒューストンは坂が無いから、もう最高である!急にこの頃涼しく秋めいてきたし。これからも参加したいと思う。