今日あった嬉しい事三つ


今日はスターバックスでヒンデミットのスコアを勉強していたら嬉しい事が三つも歩いてやって来た。
まず、ヒンデミットのオケで主席バスーンを担当しているマイケル君が同じスタバに偶然やって来た。
「おお!」「わあ!こんにちは」とあいさつを交わした後、普段は余り気軽に話しをした事が無いマイケル君とちょっとお話した。指揮している時に明らかに(ちゃんと見ていますよ! 私はあなたを好きですよ!頑張って指揮して下さい!)と言う信号を発信している人とそうでない人がいる。マイケル君はとても上手だし、どちらかと言うと「ちゃんと見てますよ」目線を送ってくれる奏者だが、でも同じクラスを取っている割にはあんまり親しくなれなくて(本当はどう思われているのかなあ)とちょっと不安に思っている奏者の上位の方にいる人だった。ところが今日は積極的に「ヒンデミットの後も何か指揮する予定あるの?凄く楽しんで弾いているよ、良い曲だしね。これからも指揮することが在ったら、いつでも声かけてね、喜んで参加するから!」と一気に言ってくれたのだ!何と、マイケル君。思わず声が潤んでしまった。本当に、本当に嬉しかった。同時に自分の猜疑心をとても反省するきっかけとなった。もっとポジティブに。
マイケル君がコーヒーを購入してスタバを退場すると、次はとてもハンサムな夫婦が可愛い一歳くらいのスーパーマンの仮装をした男の子を連れてスタバに入って来た。私の隣に座り、私が総譜を勉強しているのを見て「音楽家ですか」と夫の方が聞いて来た。本当はこういう質問はちょっと苦手だ。会話が上手く続かなくて途切れてしまうと気まずいし、デモ向こうの音楽知識がどの程度の物か分からないし。。。ちょっとしぶしぶ「そうですよ」「何を弾かれるんですか」「ピアノと、指揮を少々」。。。ここまではいつもと同じ。ところがそれからが面白くなったのだ。「私たちは二人とも、ヒューストン・グランド・オペラで歌手をしているんです」 え! オペラ談義、ヒューストンの音楽界について、などなど凄く楽しい会話ができた。これから無料券が手に入る時は連絡してくれるそう。わ~い!
3つ目に嬉しかったのは、やはりその上の夫婦と話している時。音楽の話題に花が咲いて、途中で突然「ところでお名前は?」と自己紹介と握手の連鎖になった。そして奥さんの方と名前を言い合って握手して、奥さんが「そしてこの子はガブリエル」と1歳半位の男の子を指した途端、その子が当然のごとく自分の右手を差し出して来たのだ。こんな小さな子と正式な握手をするのは初めて!とても嬉しくなって、その子が来ていたスーパーマンの仮装を指差して「スーパーマン!」と言ってみたところ、その子がサービス精神旺盛にこぶしを上に付きあげて、飛ぶ真似をしてくれたのだ! 「ブシュ―ん」と言う、音響付きで。凄く嬉しくなって大人3人で大笑いしてしまった。
楽しいスタバの一時でした。