パリからの手紙2


今日は、美術館に二つ行きました。
知らなかったのだけれど、音楽学校の学生証を持っていると、パリの美術館は全部無料なんです!しかも、別料金の特別展示場とかも全てふくめて!嬉しくて、体がゾクゾクしてしまう!
はじめはオランジュリー美術館(Musee de l’Orcangerie)でした。
入った途端、文字通り息を飲んだ。
モネが展示室まで設計した、「睡蓮」がいきなりあるんだけど、もう小宇宙と言う感じ。すごく長い楕円形の部屋に4つの睡蓮の絵がそれぞれ楕円を4分(2長2短)にして壁を覆っています。
天井は真ん中がガラス張りの吹き抜けになっていて、日が差し込んできます。こういう部屋が2つつなぎになっていて、計8作の「睡蓮」とこの二つの楕円の部屋で、一つの創作なのだけれど、モネはある世界を創造したかったのだな、と言う感じでした。
そして、その世界に身を置くことはすごい善意を全身に受ける感じで、
何だか言葉で言うと陳腐になってしまうのだけれど、とても嬉しかった。
他にもレノワールや、ピカソやセザンヌや、モディリアニなど、など。
「あ、この絵はここにあったのか!」と言うのが沢山ありました。
次にオルセー美術館に行きました。
1939年まで駅として使われていた旧オルセー駅舎を利用した美術館。
5階までの吹き抜けで、天井ガラス張りの非常に広いスペースに、彫刻が点在している一階からもう何だか別世界。
その中の最上階にある印象派コレクションを集中して見ました。
一つ一つの部屋それぞれに一人の画家の作品が約30~40掛かっています。
こういう風に展示してくれると、それぞれの部屋がそれぞれの匂いと音と世界を持っていて、その画家の視点が肌で感じられる感じがします。
一番印象に残ったのはデガとセザンヌの違いです。
部屋を入った途端に本当に世界が変わりました。
そのほか、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ、モネ、レノワール、等など。
今日も又思いました、パリに住んでみたいなあ!