みなとみらい終了!ありがとうございました。


昨日の13時半開演で、「ショパンToジャパン」の独奏会をして参りました。
ピアノもホールも良く響き、
(ああ、良いホールで、良いピアノで弾くって、そう言えばこういう感じだった!)と
リハーサル中は至福のときでしたが、本番は思わずあがってしまいました。
リハーサル中は問題なかったヒールが、ひざが震えてバランスが取りにくく、
ペダルを踏むのが困難になって、途中で脱いでしまいました。
それでも、ホールがピアノに共鳴するのは本当に気持ちよく
気持ちよさに浸るのと、「あがり」に襲われる、そのせめぎあいで
私の中の葛藤はかなり忙しく、時に音楽がおろそかになったのではないかと危惧しますが、
自分では明らかなミス以外は判断のしようが在りません。
でも、録音聞くのも怖くて本当にいやなんだな~。
でも、そんな中、父がお世話になっている同僚の方のエピソードが私を和ませてくれました。
この方は前半の途中に会場を飛び出してきたそうです。
受付をずっとやってくれていた父(どうもありがとう!)が
「どうしました!?」とお伺いしたところ
「ショパンが良くって血が騒ぐ!花を買いに行って来る!」
と言って、走って行ってしまったそうです。
非常に立派な花束に付けられたカードには
「誠に、実に素晴らしいピアノを聴くことができました。
気づいていましたら日比谷花壇を探していました」
と、書いてありました。
私はこのエピソードはずっと忘れません。
これから一生、心の宝、勇気の素にさせていただきます。
「Beauty is in the eye of the beholder(美は見る人の目の中にある)」
と言う言葉に付いて、考えさせられます。
私はもっと委ねる、と言うこと、託す、と言う気持ち、信頼すると言う姿勢を持たなければ。
一度解き放った音楽は、もう聴き手の物なのです。
私は正直に、一生懸命、ピアノと音響と音楽と聴衆の聴く心を信じて、
ただもうそこにある音楽を解き放ち、音楽世界を広げるのが、
ピアニストとしてのお仕事なのです。
それ以下でも、それ以上、でも無い。
もっと謙虚に成ろう。