船橋、銀座、後楽園


昨日は色々な会合のため、船橋、銀座、後楽園と回る一日となりました。
それぞれ本当に刺激の多く、楽しく、色々な意味で勇気付けられる会合だったのですが、
今日は東京の違う地域について書きます。
面白い!
電車で1時間以内の東京都内であるにも関わらず、全く違った雰囲気と文化。
私は普段そう言う観察をする心の余裕無くポイントAからポイントBまでまっしぐらなのですが、
昨日は観察を楽しむ心の余裕を持って歩き回り、本当に楽しみました。
後楽園があんなに行楽地だったとは!
ジェットコースターで人がキャーキャー声を立てていて、いかにも夏休み!
そして「いかにもアベック」カップルが楽しそう!
銀座は「お金がある人が行くところ」と言う感じです。
お洒落ですが、ちょっと冷たい感じ?
でも、そこで足を投げ出して座り込む小学生低学年の子供を注意することもしなく
大声で中国語で楽しそうに会話する観光客が、
なんとなくそのよそよそしい美しさをコミカルに中和している感じで面白かった。
船橋はいつも電話で通過するだけでしたが、これも都会ですね。
帰り道、銀座の駅で忙しい雑踏の中に静かにたたずむ活け花のディスプレー発見!
一人、その前で20秒ほど立ち止まって、日本を噛み締めました。