日本人ピアニストとして観る日本文化 4


実家で暮らしていると、毎日朝の連ドラを観ることになる。
私は飛び入り参加なので、最初は付き合いで「ながら鑑賞」しているが、
その内一緒にはまりまくって、用事で観れない日はちゃんとDVDで鑑賞して、
次の日遅れを取らないように、努力をするまでになる。
「花子とアン」は今までの私とは違った、特殊な楽しみ方もしている。
着物が面白いのである。
私の新発売アルバム「ショパンToジャパン」に起用する写真を撮影するために、
私はヒューストン在住の日本人のA-さんとM-さんにお世話になって
着物を着付けていただきました。
A-さんは素晴らしい着物のコレクションをお持ちで、
色々な生地に触れ、色使いやデザインを鑑賞して、
そして実際に着物を着て歩き回り、色々な場所でポーズを取っている内に
日本文化、日本の女性美などに思いを馳せるに至りました。
決して実用的ではない、そして特殊な歩き方や姿勢をジンワリと強要する、
しかし、女性のうなじなど、西洋では見過ごしがちな、
性的と言うよりは、母性的な美しさを強調する(と私には思われる)着物。
その着物と中着や帯のコンビネーションが非常に面白い。
普通の感覚ならかなりのミスマッチな物が
特に登場人物の気持ちが揺れているシーンや、意思のぶつかり合いのシーンでは起用されていて、
誰が決めているか知らないけれど、衣装の方とお話ししたい!と思います。
着物、もっと体験してみたいけれど、
そのお値段、そして非実用性から言うと、
やっぱり高嶺の花かな~。
あの袖、あの重さでは、絶対ピアノは弾けないし。
たすきがけしたら、弾けるかな?


4 thoughts on “日本人ピアニストとして観る日本文化

  • kawashima

    姉さんかぶりにたすき掛けというのも、
    なにやら勇ましくていいかもしれません。
    けどそれではサザエさんのお掃除ですね(笑)

  • 美江

    失礼しますね。思わずコメントしてしまいました。迷惑ではないでしょうか?
    すごく楽しませもらいました。
    絶対また来ますので更新お待ちしてます!

  • ピアニスト、makicha

    >kawashimaさん
    サザエさん、大好きです!しかしサザエさんが弾くピアノと言うのは余りそそられないかも…(笑)
    マキコ
    P.S.いつも「いいね!」ありがとうございます。

Comments are closed.