栄養のバランス=音楽バージョン 2


ストーカーの一件で最近とても嫌な思いをすることになった。
非常に、非常に間接的な事。
ある物凄く意地の悪い弁護士と取引をする羽目になって、
こいつがもう本当に嫌な奴だったのだ。
色々あったけど、嫌な思いと言うことでは、これがピカいちだったかも。
それで、私は怒り狂ってラフマニノフの作品39-5を3時間くらい練習した。
私のアルバム「Etudes, Seriously」のトラック13に収録した曲である。
(サンプルはここからどうぞ)
http://www.cdbaby.com/cd/makikohirata
この曲を弾きながら
「お前なんか嫌いだ~!!
こういう風に生活の糧を得ているなんて何て可哀想な奴!!」と
心の中でこの意地悪弁護士に向かって一杯毒づいた。
その次の日も、その次の日もこの曲を練習するのが非常に楽しみだった。
でも、それ以外はずっとブルーで元気がなかった。
(この元気なさは実は意地悪弁護士のせいだけじゃないかも。
もしや、ああやって何時間もラフマニノフを練習してるからかも…)
と思い始めたのは、3日目くらい。
それで、余り乗り気じゃなかったけれど、この曲を練習をし始めた。
今度日本でも弾く、ジョップリンのラグタイムである。

そしたら、びっくりするほど気が晴れたのである!
ジョップリンの名曲集は、父が子供の頃プレゼントしてくれたもの。
もらった時は全然ありがたみを感じなかった。
小学校二年生くらいでモーツァルトとかバッハとかばかり弾いていた私に
「こう言うのもある、って知っておいても良いんじゃないかな」
と私に仕事帰りに買って来てくれた父に
「お父さんは分かってないね~」
と非常に生意気に返事をしたように思う。
でも、今、そのころの父の年齢に近づいてきた私は
父がその時、夜遅くまで仕事をした帰りに私にジョップリンを買ってきた、
その気持ちが少し分かってきているような気持ちがして、
ちょっと泣きたいような気持である。
お父さん、ありがとう。


2 thoughts on “栄養のバランス=音楽バージョン

  • 鈴木明子

    今度の千葉コンサートの宣伝していますが、楽しいラグタイムも特徴的でしょうか。何か真希子さんの言葉でコンサートのお誘いを書いていただけませんか?

  • ピアニスト、makicha

    >鈴木明子さん
    クラシックを楽しく!今年のプログラムはクラシックの『お堅い』イメージがどこから来ているのか、クラシックとはそもそも何なのか、戦時中「非国民」と呼ばれる危険まで冒してクラシックに固執した音楽愛好家をそこまで魅了したのは何なのか、「主流クラシック」対「え⁉これもクラシック!?」を前半と後半に分けて比較検討します。モーツァルトの『キラキラ星変奏曲』はクラシック!?ジプシー音楽に触発されている『ハンガリー狂詩曲』?スコット・ジョップリンの『ラグタイム』は?なぜクラシックの現代曲は本当に音楽なの?一緒に味わって、お考えになってみませんか?

Comments are closed.