心を合わせる=耳を澄ます。本番前の覚書。


今日の本番はRiver Oaks Chamber Orchestraの
室内楽〝Unchamber”のシリーズ、シーズンフィナーレ。
River Oaks Chamber Orchestraはアメリカ中から
そのユニークな演奏会概念で注目される室内アンサンブルで、
創始者のAlecia LawyerはMusical Americaの
「もっとも影響力のあるアメリカの音楽家50人」の内30位目に選ばれている。
2005年に始まって以来54曲の委嘱作品を世界初演したり、
子供を持つ親が気兼ねなく演奏会を楽しめるように
演奏会中に保育所を設け、その中で音楽に関する子供向けのクラスを行ったり、
色々な工夫で、地域に浸透した、聴衆が楽しめる音楽創りを目指している。
そのAleciaがオーボエ、そして副芸術監督を務める主席ヴィオラ奏者のSuzanneと
三重奏で出演させていただく。
オーボエとヴィオラとピアノと言うコンビネーションは珍しい。
発音も、音色も、奏法も全く違う3つの楽器が
音をまじりあわせて一つの曲を作ると言うのは、
例えばもっと一般的なヴァイオリンとチェロとピアノの三重奏よりもずっと大変。
オーボエは信じられないような小さな穴に
すごいプレッシャーで息を送り込んで発音させる。
だから発音は破裂的と言うか、出るときは「パッ」と出る。
そして音は基本的にまっすぐ。
大してヴィオラは弓の最初と真ん中と最後では自然にうねりが出来る楽器。
弦楽器の中でも特にその傾向が強い。
そしてピアノは言ってしまえば打楽器。
これ等の異色な音を溶かして一つの音楽を作り上げるためには
音響と、タイミングを上手く使う、と言うのが現実的な言い方だが、
しかし音響なんて言うのは部屋や、
その日の気温や湿度、それに影響される楽器の調子で一々微妙に変わるし、
タイミングだってお互いのその日の気分や、
お客さんの息遣いなんかで変わったりもする。
計算して前もって準備しきれるものではない。
それで最終的に、一番基本的な「聴く」と言う事に落ち着くのだ。
邪念を捨て、お互いを信頼し、音楽を愛で、
一緒に鳴らしている音、共鳴している部屋、そしてその周りの全てを、聴く。
聴いて、それを包容力を持って迎える。
本番前の覚書、でした。
良く聴いて、楽しんで弾いてきます。