「聴く」と言うこと


タングルウッド音楽祭にいる時はほぼ毎日、時には一日に二回以上、演奏会に行っていた。
しかし、タングルウッドの最終日、8月16日以来、音楽会には一度も行っていない。
始めは少し食傷気味だったし、移動や、引っ越しや、学校が始まって友達との再会とか、
色々在って演奏会に行きたい、とも思わなかった。
それに演奏会シーズンは9月下旬まで始まらないので、まだあんまり演奏会も無い。
でも、この数日、なんだか「演奏会に行かなきゃ」と言う焦燥感の様な気持がしてきた。
こんなこと、生まれて初めてである。
練習していると、自分の音楽が外からのインプットを必要としているのが分かる、そんな感じ。
図書館に行って、今学期演奏するブラームスのピアノ四重奏第二番の録音を借りて聴いた。
リヒテルと、ボロディン四重奏のメンバーによる演奏である。
生演奏の録音で、一楽章はリヒテルの演奏にちょっと不安定な所もあったが、
全体には圧倒的な演奏だった。引き込まれた。
弦がほとんどヴィブラート無しの完璧な音程で、ピアノの反映、エコー役を務める。
ピアノは、弦に溶け込むような音を出す。
夜は、今学期最初のピアノの「Playing Class」が在った。
コルバーンのピアノ科の生徒がみんな集まって、先生と一緒にその週に仕上がった曲を聴く。
昨日のクラスでは、サンサーンスの協奏曲2番、ショパンのアンダンテ・スピナート、
アルベニスの「テュリアーナ」と「コーパス・クリスティ」、ショパンのソナタ2番、
そしてラヴェルとシューベルトの三重奏を聴いた。
皆確実にうまくなっている。
リヒテルの録音とはまた全く違った意味で、非常に感動した。
私は、幸せな環境にいるなあ、と思う。