チャリティー・コンサート、大成功!! 2


昨日は、ライス大学の、シェパード音楽学校の大ホール、ステューディーホールで、日本のための義捐金を集めるチャリティーコンサートを主催しました。企画から2週間と言う超スピードで準備したため、出演者の応募、プログラムの決断、広報、本番の手順など、ありとあらゆる作業を駆けずり回ってこなしたような会でしたが、積極的に教授群が参加を名乗り出てくれたことや、色々な人のありとあらゆる助けによって、期待をはるかに上回るすばらしい音楽会になりました。

コンサートの名称は「Dear Japan – with Love, 2011」。

開場前から人が募金箱の前に列をなして、「隣人は今日は都合で来られなかったけれど、私が来ると知って小切手を預けていった。これが彼の小切手。そしてこれは私の小切手」と、わざわざ説明してくれる人や、「このコンサートのことを知る前にすでにもう寄付してしまった後だから、今回の小切手は小さいのだけれど。。。」と落としていってくれる人や、色々な人が演奏の前からすでに準備してあった寄付金を入れ始めてくれていました。

前半の始めに、歌科のピアノ教授である、トーマス・ジェーバー氏が自身の編曲であるバッハのカンタータ「あなたと一緒なら」のピアノ独奏。彼の演奏の終了後、拍手なしの暗転で、バルコニーにたたずむフルートの教授、レオン・バイシー女史が、武満徹の「Itienerant」をフルート独奏。そのあと、バスーンの教授、ベンジャミン・ケーミンズ氏が、トーマス・ジェーバー氏の伴奏でラフマニノフの「ヴォーカリース」を演奏。そしてトーマスジェーバー氏と彼の妻であるメゾ・ソプラノ歌手のアンドレア・ジェーバー女史がドビュッシーの「二つのロマンス」。そして作曲家、一柳箒のフルート、クラリネットとピアノのための「トリオ・ウェブスター」をバイシー女史、まいこさん、そしてロバート・モーリング氏が演奏した後、私とヴァイオリン教授のケネス・ゴールドスミス氏、ヴィオラ教授のジェームス・ダンハム氏、そしてチェロ教授のノルマン・フィッシャー氏がブラームスのピアノ四重奏作品60の3楽章を演奏して、前半終了。

後半は、アメリカのアイドル的ピアニストで、ライスの教授である、ジョン・キムラ・パーカー氏のモーツァルトの協奏曲27番です。このコンサートのためのリハーサルは本番前の一時間だけ。でも、オケは主席は全員ライスの教授。そしてリバー・オークス・室内楽団と言うオケからの助っ人も沢山入っています。パーカー氏は客席に背を向けて、オケと向き合って弾き振り(独奏しながら指揮をすること)です。一時間のみのリハーサル、と言うのが信じられないほど、すばらしい演奏でした。

集まった義捐金は8千3百16ドルと69セント。一般のお客さんだけでなく、普段お昼にかけるお金でさえ計算している私の学友たちも封筒にお金を入れて貢献してくれていました。


2 thoughts on “チャリティー・コンサート、大成功!!

  • ピアニスト、makicha

    >abbros/kawashimaさん
    みんなが一丸となって素晴らしい演奏会となりました。このコンサートはこれからずっと思い出すたびに私の勇気とインスピレーションの元になると思います。

Comments are closed.