大人の損、大人の得。


研究者の方といろいろお話しをする機会を昨夜得た。

研究や、練習に使う時間がもっと欲しい、と二人とも同意した。

学生の時は、研究と練習に際限なく時間が使えると言うことの贅沢が分からなかった。

大人になって実務や社会責任に追われて、時間が惜しい。

もっと研究・練習に没頭する時間が欲しい!

そんな話しで盛り上がって、帰宅が夜の8時過ぎ。朝家を出てから12時間以上経っていた。

もちろん、その日の練習はまだゼロ。

急いで機材を設置して、その日の練習のヴィデオを録画始めた。

100日練習録画チャレンジ、19日目である。

題して、「時間がない時の練習法」。

没頭した。楽しかった。たくさん捗った。そして思った。

確かに学生の時は練習に際限なく時間が費やせるけれど、本当にそれが最高の練習状況なのか?
時間がない時の練習は、練習の準備中も、練習後の片付けの後も、頭の中が練習している。
そして、「必要は発明の母」で、限られた時間でいかに効率を上げるか、必死になる。
そして大人になってから自分の専門外の人とも多く交流し、もっと広い世界観の中で自分の音楽を耕せる贅沢を楽しんでいる。

量より質。

 

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *