教えていて気付いたこと


今週は、私の恩師であるMr. Perryが演奏旅行で居なかったため、下級生のレッスンをした。
全部で7人教えたから、7時間のレッスンした訳である。
こんなに教えたのは本当に久しぶりで、しかも皆グリーグの協奏曲やブラームスの協奏曲(しかも2番!)など
凄い大曲をばんばん持ってくるので、本当に楽しかった。
こうやって立て続けに教えていると私たちの一般的な傾向と言うのが見えてくる。
例えば、暗譜が心元ない時、大抵皆左手からあやしくなって、そして崩れる。
私自身がそうなのは前から知っていたが、これは一般的な傾向らしい。
考えてみたらば、ある程度あたりまえで、例えば人間の耳は高い音に集中するそうだ。
だから、メロディーを受け持つ右手をより良く覚えているのは、よくわかる。
ただし、さらに突き詰めて考えていて気になったのだが、鍵盤の右に行くほど音が高くなるのは
私が知る限り初代鍵盤楽器からいつも一貫していたことだ。
どうして左に行くほど音が低くなっちゃいけないんだろう。
これはもしや右脳・左脳にかんけいがあるのでは!?
そう考えると、皆が左手から暗譜を忘れていくのは非常に興味深い。
付け焼刃の知識で申し訳ないのだが、右脳は体の左半分をつかさどり、左脳は右半分をつかさどる。
その役割をまとめると
右脳=図形、音楽、全体像などをとらえる力、直観力
左脳=言語、分析、思考力
と言うことになるらしい。
音楽のメロディなどを聞き取るのは右脳です。だからピアニストやバイオリニストのようなプロの演奏家は,特に右脳がすぐれているように思えますね。ところが,プロの演奏家はかえって左脳がすぐれているといいます。音楽を演奏するには,メロディだけでなく,曲のテンポやピッチ,構成などを分析する力がなくてはいけません。これは,左脳の働きですね。プロの演奏家は,右脳だけでなく左脳もいっしょに働かせることによって,すばらしい演奏ができるのです。(教育文化社広島本社のHPより、http://www.edu-cul.co.jp/column/column7.html)
楽譜を読み取り、曲を習得する段階では左脳を主に使わなくてはいけない。
ただし、演奏する時は右脳中心にスイッチすることができれば、左手から崩れることはなくなるのでは?
と、右脳を使って直観的に、あてずっぽうを好き勝手に書いてみました。
それにしても右手=高音、左手=低音、と言う公式は不可欠だったのか、疑問が残ります。