突然、ぽっかり暇


昨晩の演奏会の後、タングルウッド主催のパーティーがあり、
教授、指揮者、研修生、事務の人達、みんな無礼講で飲んで踊り、結構な騒ぎがあり、
中には近くの湖まで真夜中の水遊びに行った人たちまでいて、お祭り騒ぎだった。
そして今日はぽっかりと突然、音楽祭終焉に近くなった実感がする日だった。
さびしいような、ホッとするような、信じられないような、嬉しいような、不思議な気分。
そして、いつもよりお互い優しくなり、いつもより沢山何気ないおしゃべりで時間を費やして、
お菓子や、インスタント・ラーメンや、
今までいつ非常食が要るか分からないけちけちサヴァイバル・モードだったけど
もう太っ腹になっても大丈夫、と言う気持ちでみんなで大いに食べ、飲み、
なんだか休日の様な一日だった。
そして夜、現代曲フェスティバル最後のイベント、
現代曲専門のピアニスト、Nicolas Hodgesによる、現代曲だけのピアノ・リサイタルが在った。
プログラムは以下。
Frederic Rzewski Nanosonata, Book I (2006)
Pierre Boulez Incises (1994)
Henri Dutilleux Trois Preludes (1973 – 1988)
intermission
Hans Thomalla Piano Counterpart (2008)
Pierre Boulez une page d’ephemeride (2005)
Michael Finnissy Mit Arnold Schoenberg (2002)
このプログラムについてのコメントは、現代曲考察についてのエッセーで触れたいと思うが、
ピアニストたちはみんなで一緒に座って、なんだかいっぱい目と目で通じあった。
時に「なにこれ?」とか、時に一緒に静かに笑いを押し殺したり、
時には「面白い!」と目を合わせ会ったり。
良い友達を持って良かった。
この2時間は一人で聴いていたら、本当に苦痛だったと思う。
それから、有名度とその人の作曲の質と言うのはいつも比例しない、と言うことは事実だと思う。