今年の目標は、「信じる」 2


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、題名に掲げた今年の目標「信じる」と言うことについてです。
私はニューヨークの友達の一部で「connection goddess (コネクションの女神)」と呼ばれています。Connectionと言う単語には「乗物の乗り継ぎ」と言う意味もあり、私はなぜか、乗り継ぎのタイミングの運が抜群に良い(と思われている)のです。きっかけはもう何年も前、友達と連れ立って出かけた演奏会に遅れそうになり、焦った皆を落ち着かせようと私が冗談で、「大丈夫、私と言う女神がついているからね」と言った瞬間に電車が遠くからホームに滑り込んできた、と言う嘘のような本当の事件です。ニューヨークの地下鉄は運送台数がかなり多く、これはただ単にタイミングが良かっただけの話なのですが、それ以来私と出掛けた友達が良く「今日は“女神”が一緒だから、乗換がスムーズだね」とか、たまたまホームについた瞬間に電車が滑り込んでくると「やっぱり!」とか、始めは冗談で言っていたのが、段々定着して来てそのうちに電車が来ないと「今日はどうしたの?調子でも悪い?」と、半分真顔で聞かれ始めるようになりました。私がロスに移ってからは「遅れそうなときは、心の中でマキコに祈っているよ」と言われるくらいです。
不思議なのは、そうやって周りに言われ続けると、自分でも何だかその気になってくる、と言うことです。そして、都合良く電車のタイミングが素晴らしい時はひそかに誇らしい気持ちでそのことを良く覚えていて、タイミングが悪い時は(今日は何かが私の能力を邪魔している)と「例外」としてサッサと忘れてしまっているのです。そして、そうやってその気になっていると、現実に電車がどうであれ、幸せ度はずっとアップしているのです。
私は宗教にほとんど縁無く育ちましたし、そう言う私がこういうことを言うのは僭越かも知れませんが、信仰を持っている知人を見ていると、「神が守ってくれるから悪いことは起こらない」と信じ、困難に出会うと「これは神に与えられた試練だ」と考え、突き進んでいる様に思えます。こういう究極的な楽観性、信念と言うのは、別に特定の宗教を信仰しなくても、一人の人間として強さの源にすることが出来るのではないでしょうか。
私は自分を信じたい。自分がどんな状況においても、正直にベストを尽くす姿勢を崩さない人間であることを信じたい。そして、私は音楽が普遍的な人間性をコミュニケートするパワーを持つ、と信じたい。それから私は人間性善を、そしてもっと身近には自分の友達、家族を信じたい。そして、人生に起こる全てのことは、意味が在って起こっている、と信じたい。それが私の2010年の目標です。


2 thoughts on “今年の目標は、「信じる」

  • abbros

    そうですね、信じることは力の源泉かもしれないですね。もうひとつは、忘れること!執着はこころを重くしますからね。
    毎年のわたしの目標は、「生きる」です。

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    本当にそうですね、信じること、忘れること。。。
    信じているから、忘れられるのかも知れませんね。
    abbrosさんのコメントには、いつも考えさせられます。感謝です。
    マキコ

Comments are closed.