帰宅 2


一か月半ぶりに私の現在住所、コルバーンに戻って来ました。
やはり自分のスペースは、ホッとします。
Houstonは生憎の気候で、着いて次の日は冷たい雨、そして二日目はどんよりとした曇り空でかなり肌寒く、そのせいか残念ながら印象が余り良くありませんでした。タクシーの運転手さんに聞いたのですが(そして今、インターネットで裏をとったのですが)、アメリカ国勢調査によると、ヒューストンはアメリカ国内でニューヨーク、ロサンジェルス、シカゴに続いて4つ目に人口の多い都市で、次の国勢調査の結果では多分3位になるだろう、と言うことでした。2005年にニューオーリーンズを襲ったハリケーン・カトリーナを避難した人たちの多くがヒューストンに移り、その後定住したことが人口急増の一つの原因の様ですが、他にもやはり景気が良いので、特に国全体が不景気の中、人が寄ってくるのでしょう。
この前のブログでは「テキサス州は初めて」と書きましたが、実は私の記憶違いで私は2004年にテキサス州のサン・アントニオを訪れています。ヒューストンよりずっと小さな都市ですが、その時の印象からか、私は南部や、特にテキサスは皆とてもフレンドリーで、初対面でも満面の笑みで迎えてくれるような印象があったのですが、大都市のせいかl、それとも最近の新入居者による人口急増のせいか、私はヒューストンの住民が予想外によそよそしい感じを受けてしまいました。
2日間の、しかも予定の一杯詰まった滞在で一都市に関する判断を下そうとは思いませんし、良いところも沢山あったのですが、(例えば優秀な音楽学部で知られるライス・総合大学の素晴らしいコンサート・ホールや、オーケストラ)、
とりあえず期待が大きすぎたのかな?
 
久しぶりのお友達とじっくりお話をする機会を得たり、色々な音楽関係者と対面出来たり、とても実りの多い旅でした。
今はゆっくり寝て、思い出を自分の中で消化したいと思います。


2 thoughts on “帰宅

Comments are closed.