雷がなっても安眠


昨日の夜はこの世のものとは思えないような雷の嵐が在った。
「バリバリバリバリ!」と言う木の幹を真っ二つに裂いている様な騒音の後、大太鼓を耳元で叩いた様な「ド~ン」が来る。それが夜中じゅう何度も繰り返された。しかし私は昨夜の安眠状態は最高で「ド~ン」で目が覚めはするものの、そのまま次のド~ンまでぐっすり寝ていられた。たまに占めてあるカーテンの隙間からでも、閉じている目に感じられるほどの「ピカ!」で起きる時も在ったがそういう時は冷静に「一秒、二秒、三秒(ド~ン)。。。おお、ちょっと遠のいていってる」などと考えながらまたグーグー寝てしまった。素晴らしい。自分の睡眠力を讃えたい。学校の人がほぼ皆睡眠不足をぼやいている中、私は大変爽やかに一日を過ごした。それにしてもこんなに大都会の真ん中でしかも初日とは言え11月に雷がこんなになるなんて、やっぱりテキサスは今まで私が住んでいたどことも違うなあ、異郷に来たなああ、と言う感じがする。
これからちょっと忙しい。明日はヒンデミットの本番前のゲネプロ。その直後にバーバーの小品三曲をヒューストンのウォーサム劇場のロビーで、お昼時無料コンサートで演奏。あさってはSyzygyと言う近代音楽コンサートシリーズで、アウガスタ・リード・トーマスの「Traces」を演奏する。
今日はリハーサルやクラスなどで中々忙しい一日でしたが、健康食に気を使い、炭水化物を普段より多く摂取。今夜は早寝をします。