私が執筆した記事の載った雑誌が発売になりました。


「エルネオス」と言う月刊誌の「在米日本人のニッポン考」と言う連載が100回を超えるコラムに執筆を頼まれたのは、ロサンジェルスでのチャリティー演奏会が盛況のうちに終わって直後のその会場にてのことです。6月10日に締め切り、ということで6月9日に成田発NY着の予定だった私は、成田空港で出発待ちの時から書き始め、飛行機の中で書きついで、NYで時差で眠れぬ中校正を重ね、提出しました。6月7日に訪れた仙台郊外の岩沼市や、亘理市、磯浜漁港、そして福島県の山本町などで見た光景のこと、そして在外日本人として自分に、そして自分の属する日本人・日系人コミュニティーに今何ができるか、問いかける記事を書きました。

訪れたのはもう早3週間前になりますが、それでもその時すでに地震・そして津波から有に3ヶ月は経っていました。それでも住民がまたそこで元の生活を始められる様になるのは、遠い将来であるように見受けられました。それなのに、海外ではともかく、日本国内でさえも風化がすでに始まっている様に思えます。海外に居て、私が出来ることはまず、風化を防ぐこと、そしてこれから長期感にわたっての支援の必要性と、その理解を求めることだと思います。

ピアノフェストが終わってからNYに一ヶ月ほど滞在します。その期間に友達とまたチャリティーコンサートをやる話があがっています。日赤の義捐金の配布は少しずつ行われているそうです。やはり知名度、組織度、そして歴史においてはずば抜けているNPOですし、外貨で寄付する場合、一番簡単なのが日赤であるようにも見受けられます。今、日赤に対する猜疑心が浸透しているようですが、他に海外から簡単に寄付できる良心的な大規模NPOをご存知の方は、ご一報いただけますでしょうか?

「エルネオス」の発売情報です。
『発売は7月1日(日本時間)です。対象の限られた年間購読誌なので全国の書店で購入できるわけではありません。東京の場合だと丸善の丸の内店、日本橋店、八重洲ブックセンター、ジュンク堂池袋店、リブロの青山店,池袋店、江坂店など十数店舗だけです。なお月初、すなわち今回の場合、7月1日の日経新聞1面下で発売広告が出ます。』