色々な形の音楽活動 2


昨日は福島の大学でピアノを教え、コンクールの審査員などで忙しく活躍する傍ら
ジャズ・ピアニストとしても忙しく演奏に飛び回るポーランド人のピアニストに会いました。
もう十年も日本で暮らしていて、日本語もかなり上手です。
彼の友達で、やはりポーランド出身の日本滞在10年のゲーム・デザイナーや
ポーランド人ピアニストの生徒さんの日本人を交えて
『日本とは』、『日本人とは』と言うトピックで面白いアイディアが飛び交いました。
私の日本観、日本人観は、
私が日本を去った13歳、そしてアメリカにとどまる決意をした16歳の時から
現在に至るまで随分大きく変わりました。
特に14年前、日本での演奏活動が始まってから、
活動を通じて会う日本人には、こだわりや博識が物凄い日本人に多く出会い、
日本人の優秀さ、そして探究心の強さなどに驚かせることが、今でも多いです。
最近出会った、マンドリン・オーケストラの皆さまも、
また新しいタイプの「音楽仲間」です。

マンドリンと言う楽器は勿論知っていましたが、
この楽器でアンサンブルやオーケストラをする、と言うコンセプトは全く初めてで
DVDを拝見して驚愕いたしました。
新しい音世界。
指揮者・リーダーの平井さんを真ん中に
そして皆、本当に楽しそうに音楽談をするのです。
『仲間』と言う言葉がぴったり。
音楽人生、満喫しています。
さあ、8月に入りました!
3日のリサイタルも間近!
今日と明日はコンディション調整と練習と、イメトレ!
そして、スマイル、スマイル!楽しみです。


2 thoughts on “色々な形の音楽活動

Comments are closed.