3枚目から2枚目へ移行宣言!


昨日、友達と話していて口から出任せだったのだけれど、
自分で自分の言うことを聞きながら
(あ、これって「真実」かも!覚えとかなくちゃ)と思ったこと。
私も、私の友達も、クラシック音楽家と言えど、
いままでどちらかと言うと「ノダメ・キャラ」で来ていた。
いつもどたばたと、面白おかしく、詳細にこだわらず、がさつだけど大らか、みたいな。
でも、私は「色」とか「気遣い」「思いやり」「ゆとり」などから来る
「女性美」追求にギア・チェンジをしたい、と思うのだ。
理由は色々在って、今まで人や自分にきちんと説明したことも無かったのだが、
昨日の会話で言った出任せは、案外正当かも。
がさつをひょうきんでごまかして、面白おかしく出たとこ勝負で、と言うのは勢いが要る。
勢いは良いし、楽しいし、勢いがなきゃできないことも沢山ある。
でも、それは一生は続かない、と思うのだ。
これから段々成熟していくにつれて、色々得る物も多いと思うのだが、
一つだけ落ちていくことが決まっているのは、勢いだ、と思うのだ。
死ぬまで毎日、少しずつ進歩していくことを自分に課している私は、
勢い任せの3枚目より、
じっくりと追求できる「余裕」「細やかさ」「気配り」と言った
一呼吸置いたような「色」の方がずっとこれからの可能性を秘める成長株なのである。
これは、日常生活に於いても、音楽の解釈や演奏に於いても、全く同じである。
と、こういう話しをじっくりできる友達に恵まれていることは、幸せ。