今夜はハロウィーン


今週末ずっとハロウィーンがらみのパーティーがあちらこちらで開かれ賑やかだったが、正式なハロウィーンは今日、10月末日である。大人たちは明日から仕事とあって、本当のドンチャン騒ぎは昨日の深夜で済ませてしまったようだが、今日の夕方は道が小さな子供の仮装姿であふれかえった。可愛い。私は幼少を香港で過ごしたのだが、どう言うわけか香港でもハロウィーンの習慣が在り、皆で色々な住居を訪ねてお菓子を集めまくったのを覚えている。でもゴリラスーツとかの仮装をした10代のお兄さんたちは怖かった。エレベーターに乗ってたらゴリラスーツのお兄さんに「ワー!!」と覆いかぶさるように脅かされて、エレベーターの片隅で固まってしまい降りられなくなったのを覚えている。そしたら優しいT君が「大丈夫だよ、僕が守ってあげるからね。」と手を引っ張ってくれたと思うのだが、私の記憶違いだろうか?二人とも4~5歳だったと思うのだが。思い出してホンワカしてしまう。
ハロウィーンと聞いてもう一つ思い出すのが、ハロウィーン日本人留学生射殺事件である。1992年にAFS交換留学生の一人としてルイジアナ州に滞在していた服部剛丈君(当時16歳)がハロウィーンのパーティー会場と間違えて個人宅に誤って侵入してしまい、「Freeze!(止まれ!)」と言う住人の警告の英語が分からずに射殺されてしまったという悲劇である。何ともいたたまれないような事件であったが、私の両親は私をアメリカに残して帰国した直後にこの事件のニュースを聞き、アメリカの銃取締法をもっと厳しくする要請の署名運動を「留学生を持つ親の会」に参加して始めた。きっと身につまされる思いだったのだろう。もう18年になるけれど、服部君の冥福と、御家族の健康と安全をお祈りします。こういう事件で残された御家族はきっと事件の風化が一番辛いのではと思い、書いてみました。私は良く覚えています。
こうやって単身でアメリカに住んで来て、落とし穴は今まで沢山、沢山在ったと思うけれど、私は幸いここまで無事来る事が出来ました。そのことを当たり前に思わないで、これからも毎日、楽しく前進して行きます。