テキサスでカルチャー・ショック


昨日の朝は高校生の作曲家のグループに自分の楽器について説明をする、と言うアルバイトが在った。
ピアノと言う楽器は一目瞭然な感じもするが、実は作りが複雑なため、結構遊びが効くのである。
例えば、楽器の中の弦をはじく、とか弦に物をはさむ、とかペダルの操作で何かする、とか。。
兎に角、そのアルバイトが終わった時の事。
「私、冬休みに婚約したの!」
修士一年目で多分間違いなく22歳くらいのフルーティストのジーナが指輪を見せる。
「え!? 本当?僕は冬休みに結婚したんだよ!」
このアルバイトを手配した、多分私より若い、チェリストのエヴァンがこれまた指輪を見せる。
「え!? 僕は6月に結婚するんだ!」
クラリネット奏者のブライアンが無精ひげをかきながら、ぼそっと宣言する。
何となく視線が私に集まる。
「わ~い、皆おめでとう! は。。。は。。。は。。。は。。。」
私は取り立てて報告することが無いので、とりあえず笑っておく。
その後ジーナと昼食をとりながら話をした。
ジーナはライスに来るまではニューヨークの音楽学校の学部生だった。
「ニューヨークでは独身が当たり前だったよねえ」
と言う私の誘導尋問(!?)にきちんと乗ってくれる。
「そう! こちらに来たら学生がジャンジャン婚約・結婚するし。
これはテキサス?それともライス?
ライスでは教授の妻や夫が同じく教授だったり、何らかの大学関係の仕事をしているよね。
実に家族単位で起こる事が多いよね。」
ジーナはテキサスに引っ越したから結婚する運びになったのだろうか。
そして、私はテキサスで独身で、これからどうなるのだろうか。
皆一体いつ、どうやって、婚活、そして結婚しているのだろうか。
今週末私は実に4つのリハーサルを行い、最初に説明したアルバイトをし、
そして一つ、演奏会を見に行って(この事については後で書きます)
合間に練習、そして宿題、それから今週ライスで行われる入試の為に訪れている旧友とお食事、
さらに週日ではほとんど不可能な友達との飲み会をやって、
(料理人はだしの友達が何とてんぷらを作ってくれたのです。
キス、太刀魚、しいたけ、などなど―ほわほわで、かりかりで、この世のものとは思えない美味しさ!)
予定はぎっちりなのである。
う~ん、中々複雑である。
ちょっとニューヨークにホームシックだったりする。