人間観察ーお世話になっている捜査官


今回のストーカーの一件で、警察官とか検事とか捜査官とか社会福祉の人とか
今までテレビでしか見たことが無かった職種の人に沢山お世話になることになって
分かったことは
(皆、おんなじ人間なんだな~。
生活も、気分も、性格もそれぞれ在って、
それぞれの知識や専門やできることにも限りがあって、
不平も不満もあって
でもその中で何とか自分にできる一番良い仕事、良い暮らしをしようと頑張っていて
愛しいな~)と言うことである。
その中で一人、女性の捜査官で面白い人がいる。
小気味が良いほど無愛想・ぶっきら棒。
「質問はそれだけですか」と聞かれて「ハイ」と答えると、
ガチャンと電話が切られてしまう。
でも仕事はきちんとしてくれるし、電話もメールもすぐ帰ってくる。
そして時たまびっくりするようなショッキング・ピンクの口紅を付けて出勤してたりする。
そんな彼女にどうしても会わなければいけない要件があった。
朝の6時を指定されて、行ってみたらば彼女は別件の捜査で徹夜をした後だった。
カフェインの飲み過ぎて、
普段の彼女からは想像ができないような人懐こさで私の件に関して色々おしゃべりしてくれ
高笑いをしたりして、なんだか旧友のようだった。
しかしその次の日は
「要件はそれだけですか」「ハイ」ガチャン。
昨日の夜は急用で、電話がかかってきた。
結構入り組んだ話しになったのだが、突然
「9時までは遊んでいいけど、9時には絶対就寝だからね!分かった!さ、遊んで」
と電話口でどなられ、私に言っているのかと思った。
子供が二人いることさえ知らなかった。
話しを進めていると、また突然
「いいよ、フラフープでも。なんでも良いから、早く遊んで。お母さん仕事中でしょ。遊ぶ時間はあとちょっとしか無いよ!」
とまた叫び始める。
何だかほっこりしてしまった。
ありがとうございます。