実はパリに居りました。


試験が終わったのにずっとブログを怠っていた理由(言い訳!?)。
…実はパリに居たのです。
この夏もHouston – NY – 日本 - パリ - 日本 - パリと
飛行機の旅の多い日々でしたが、機内では必死に勉強していて、
映画のメニューさえ見ない、まあ充実はしているけどちょっと忙しい旅でした。
それに夏だったからいつも満席。
でも、今回の飛行機は違います!
秋半ば。
半分も満たない飛行機の中で、行きも帰りも一列丸々独り占め。
そして約10時間の飛行機の旅で行きは3本も立て続けに映画を見てしまいました。
最近映画を観ていなかった私はそう言うものに対する免疫力が落ちており、
もう、つぼにはまりまくり!
機内にも関わらず顔中べたべたにして大泣きしてしまったり、
エンジンの轟音にかき消されるのを良いことに腸がねじれるのではと思うほど大笑いしたり。
3本見た中の2本が日本映画だったことも我ながら興味深い選択です。
「奇跡のりんご」ではもう本当に泣きました。
「図書館戦争」も面白かった。この映画は自衛隊を揶揄って居るのかな?
さて、パリ。
試験が終わって、人生一段落して、ゆっくりとカフェでコーヒーでも飲みながら
これからの人生について思いをめぐらせれば…
など、と夢想していたこの旅ですが、着いてみたらばトンでもない!
たまたま現地合流できた相棒と
こちらのフォアグラ、あちらの鴨、向こうのTart Titinと食べ歩き。
中でも人生観が変わるほど美味しかったのは
かの有名な焼き菓子屋, Pierre Herme!
そしてやはり忘れられないのは、朝一番に隣で買う、香り高いバゲット。
本当に焼き立てで、抱えている腕がジンワリと暖かくなり、
魅力的なパンの芳香で頭がくらくらする中、
階段をとことこ上がっていく時の、楽しみな気持ち。
そしてドアを開けて、キッチンに直行して、まな板の上で
「パリパリ!パリパリ!」とそのバゲットを切って、
チーズとジャムで食べるバゲットの美味しさ!
トロトロのチーズ(数種)も本当に美味しくて、
でもその臭さは形容不可。
冷蔵庫を開けるたびに(何事!?)と思う臭さです。
さらに意外なことにアジア食もパリで進出しており、
本格的で美味なベトナム、タイ、そして中華も美味しく頂きました。
さらに音楽人生で培った友情は世界中に広がっており、
残念ながら全員に会え切れないほど!
そして次のパリでの演奏に向けての会合、打診、お願い…
と、言うことで予想に反して非常に充実はしてしまった私のパリ滞在。
しかし、試験が終わって飽和状態に陥る危険をはらんでいた私の試験後の人生は、
これでしっかりとまたフォーカスして来ました。
帰りの飛行機では映画はドキュメンタリーを一本観ただけで、
読書に没頭。
そして一昨日ヒューストンに帰ってきてからはひたすらやることリストをこなし、
練習、練習、練習!
いつものリズムが戻ってきました。