タングルウッドでの演奏その3 & トニー・ベネット、タングルウッドを訪れる。 2


トニー・ベネットの知名度が日本でどれくらいのものなのか知らないが、
フランク・シナトラが“業界一の歌い手”と言った、伝説的なアメリカの歌手である。
来週83になる、その超有名人トニー・ベネットがタングルウッドに来た。
今夜演奏会をしたのだが、その直前の午後に公開レッスンもした。
私は今日1時からの声楽デュエットのリサイタルの伴奏を終えてから、
共演者たちと大急ぎで2時半からの公開レッスンに向かった。
声楽家たちはデュエットの演奏会でオペラ的に歌ってから、
衣装もそのままで今度はジャズ系の曲を歌うのだ。
それがみんなすごく上手で、声域もずっと低く、声もハスキーや、可愛系に変え
見事にガーシュウィンや、カート・ワイルや、コール・ポーターを歌った。
もうその演技力、存在感、度胸に圧倒されて、涙と歓声が同時に出てきた。
トニー・ベネットもびっくりで、ひたすら褒めまくるだけの「レッスン」だった。
皆凄いなあ。
私はそのくらいの演技力、存在感、度胸と、歌詞があるくらいはっきりした音楽的意図をもって
ピアノを弾けるピアニストになりたい。
夜のコンサート、私は練習したくてお休みしてしまったのだが、後で聞いたところによると、
ベネット氏の聴衆に語りかけるような歌いくちは、全然衰えておらず、
途中歌詞を忘れてしまったりもしたそうだが
「歌詞を忘れました~♪」
と朗朗と歌い大受けしたり、すごく楽しい音楽会だったそうだ。
今も作曲家のルームメートが韓国語なまりの英語で、昨日のプログラムの曲を口ずさんでいる。


2 thoughts on “タングルウッドでの演奏その3 & トニー・ベネット、タングルウッドを訪れる。

  • 自称一番のファン

    エッ、公開レッスンしてくれたのは、フランクシナトラ?それともトニー・ベネット? どっちですか?

  • makicha

    >自称一番のファンさん
    わー、大変!
    公開レッスンしたのはトニー・ベネットです。
    シナトラは98年に亡くなってますから、
    本当に来てたらビッグニュースですよね。
    ご指摘くださってありがとうございます。
    すぐ直しました。
    昨日は大きなパーティーがあり、
    「ゼリーショット」なるものを配られたのです。
    タキーラを飲むような小さなグラスにゼリーが入っているのですが、これが強度のアルコール入りで、しかも全然強さが分からない。
    大変楽しかったけれど、そのあとで書いたので、
    やっぱり意識はっきりしているつもりでも駄目ですね。社交もこういうところに来る意義の一つと思って、楽しく毎日していますが、就寝前にブログを書く日課と両立がちょっと難しい。。。 

Comments are closed.