レッスンの復習 ~バランスの問題。


学部生の頃とった哲学のクラスで聞きかじったことなので間違っているかもしれないけれど、キリスト教の人が「父と子と聖霊の御名において」と上半身の前で十字を切る、あれは知能・感情・そして行動のバランスを取る、と言う意味で額と心臓、そして両肩を触れるのだ、と聞いた。二週間ほど前のブログで「頭で考えすぎで、考えたことが自然に音に出ていない」と色々な人のレッスンで一貫して注意される、と云った趣旨のことを書いた。その後自分なりに思考錯誤を繰り返し、自信満々で今日もう一度レッスンに向かったところ「気勢は良いが、余りに意気込み過ぎて、自分の音が聞こえていない。聞こえていないために、感情が効果的に伝わっていないところが多々ある」と注意されてしまった。今度は行動に走りすぎたようだ。
はあ~。
レッスンで指摘してもらって、「ほら」と見せてもらうと「本当だ!どうして言われるまで気がつかなかったんだろう」と思うし、すぐ直すこともできる。でも、練習してるとずっと自分の世界で自分の音に浸って試行錯誤するわけだから、やればやるほど見えなくなる、聞こえなくなる、と言うのもあるのだ。
だから、レッスンしてもらうんだし、良い先生にレッスンしてもらえる機会に恵まれて嬉しいけど。