練習したくない病 2


右手の手首の上が突っ張るような感触がある。良く見ると右手が左手に比べて、腫れているというかむくんでいるというか。多分伴奏のしすぎ。伴奏はいつも緊張して楽譜をなめるように見つめながら、次の音を素早く探り当てる感じで弾くので、気を付けていても力が入っていることが多い。
う~ん。
でも、これはもしかしたらそう言う実際の腫れでは無くかの有名な「練習したくない病」かも。練習したくないな~、と思っていると、実際に肉体的に問題が無くても何だか腫れたり、痛くなったりするやつ。
今日はとても美しい陽気の日なので、友達とお散歩に遠くまで行ってきます。
練習は延期。


2 thoughts on “練習したくない病

Comments are closed.