祝!博士論文第一稿終了!


昨日博士論文第一稿が晴れて終了いたしました。

一時期は終わらないかのような気持ちがしました。

約一か月間、博士論文を最優先させ、最後の数日は

「早く練習がしたい、早く普通の生活に戻りたい…」と

兎に角終わりを目指して訥々と書きました。

机の上には乗り切らず部屋の床を所狭しと埋め尽くす

ページを開いた状態の本が約30冊、と言う状態が何週間も続きました。

朝起きたら真っ先に論文にかかり、夜は寝るか半徹か悩み(大抵寝ました)

数時間がアッと言う間にすぎたり、一日が半永久の様に感じられたり、

普通の感覚ではありませんでした。

乗っている時には散らばっている文献のどこに何が書いてあるか、

どこに今必要な本があるのかパッと分かり、超能力者の様な気持ちでした。

乗らないときはその散らばっている本の周りをうろうろと

(どっかで読んだあの逸話はどの本のどこに書いてあったんだっけ…)

とこの本の数ページを読み諦め、他の本のページをめくって諦め、

と数時間をつぶしたりもしました。

 

それがすべて終了!

 

そして不思議な物で、論文が終わって一時間後から

人生の気がかりの色々が一つずつ解消して行っています。

さて、ずっと怠っていたお掃除を年末の大掃除と一緒に片づける!