これから~バッハ。 4


このあと、夜の7時半から一時間半、ヴァイオリニストの録音の伴奏の仕事を終えたら今学期は終了!
今日の午後、私可愛がってくれているオーボエの教授、アラン・ヴォーゲルに呼ばれた。
彼は、私がコルバーンに来てしばらく経ってから顔を見るたびに
「自分は1989年のクリスマス・パーティーでアンドレ・シフに勧められてから毎日、
平均率曲集の前奏曲とフーガを二曲弾くことを日課にしている。君もやってみなさい」と言われていた。
今日、そのことと、来学期から彼のオーボエ専科の生徒たちにバッハを教えることを頼まれた。
パブロ・カサルスも毎日平均律を弾いたそうである。
モーツァルトのピアノにはいつも平均律の楽譜があったそうだ。
ノーベル賞を受賞をした医者・牧師・オルガニスト・ピアニスト、アルバート・シュヴァイツァーは
「毎日バッハを弾くことにより私たちはedify(啓発、教化、薫陶)される」と言ったそうだ。
彼は1905年にバッハの伝記を書いているのだが、その中で
「。。。バッハは一つの終局である。彼からは何ものも発しない。一切が彼のみを目指して進んできたのである。この巨匠の真実の伝記を書くということは、とりもなおさず、やがて彼の中で完成し終焉するドイツ芸術の生存と展開を叙述し、この芸術の努力と過ちを理解することである。この天才は決して単独的精神ではなく、総体的精神であった。我々が畏敬の念をもってその偉大さの前に佇立する作品は、数世紀、数世代の手が加えられて完成したものである。。。」と書いている。
アラン・ヴォーゲルが平均律を弾き始めたのは「ハーモニーを理解したかったから」だそうだ。
オケの中で弾いている時、自分がミスを多くし過ぎる、と思い、
それはハーモニーをきちんと理解し、聞いてないからだ、と思い、
それでアンドレ・シフのアドヴァイスに従うことにしたそうだ。
そういう話を一時間くらい聞いて、彼がオーボエを弾くようにピアノでインヴェンションを弾くのを聞き、
私はすっかり触発されてしまった。
明日からNYだ。
私も明日から毎日平均律を弾き始めようと思う。


4 thoughts on “これから~バッハ。

  • abbros

    グールドのゴルトベルグ変奏曲は持っていますが、平均律は聞いたことがないような?今度、
    聞いてみます。
    マキコサンの音楽ブログはお勉強になります、
    音楽のことはそれほど詳しくないので。

  • yosi

    はじめてコメントさせて頂きます。私もバッハの平均律は大好きです。音楽で宇宙を感じたのは、バッハを聴いたときでした。まさに世界、人間の人生における喜び、悲しみ、愛憎、世界全体の基となる宇宙全体の真理を表現している様にも思えます。私は第2集の14番と23番が好きです。

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    ゴールドベルグ変奏曲、特にグールドの録音は有名ですが、平均律は短い前奏曲とフーガを12音階全ての長調と短調を使って書かれた24曲の凝縮した短編傑作集です。色々な人が録音していますが、ジャズで有名なキース・ジャレットの録音は、私はとても面白いと思っています。
    いつも読んでくださり、コメントくださってありがとうございます。凄く励まされます。
    マキコ

  • ピアニスト、makicha

    >yosiさん
    私もバッハで初めて宇宙を感じました。ずっとバッハは他の作曲家とは別格だと思っていましたが、最近ベルグのピアノ・ソナタを演奏してから、他にも同じレヴェルに到達した作曲家(あるいは曲)があるなあ、と思いました。今日から早速はじめますね!!
    マキコ

Comments are closed.