ピーター・ぜルキンのレッスン 4


私はアメリカに来てまだ間も無い頃、母と妹と一緒にタングルウッドに演奏会を聞きに来た事が在ります。小澤征爾さんの指揮で、ピーター・ぜルキンのモーツァルトのピアノ協奏曲を聞きました。ピーター・ぜルキンは、伝説的なピアニスト、ルドルフ・ぜルキンの息子です。彼自身、とても高名なピアニストで、去年はストラヴィンスキーのピアノの木管の為の協奏曲でボストン交響楽団とタングルウッドで共演し、その非人間的に性格な演奏に圧倒されました。そのピーター・ぜルキンが今年はタングルウッドのピアノ研修生に一人ずつレッスンをしてくれる、と言うのです!今日はそのレッスンでした。
ピーター・ぜルキンはとても控えめで静かに喋る人です。痩せていて、背が高く、ちょっとマーラーの写真を思い出します。でも静かですが、目の奥にチロチロと素早い考えが頭の中で起こっているサインが見える感じの人です。
私は「子供の情景」から、最初の三つまでと、「トロイメライ」を聞いてもらいました。この曲は日本でももう何回も演奏しましたし、私はかなり弾きこんでいるつもりでしたが、彼の細かな楽譜の読み方、微細までに至る注意で、全体像がグンと明確になりました。また、弾きこんでしまったために完全に見えなくなっていた見方を色々提示してくれ、またこの曲に新たな姿勢で臨む気持ちにさせてくれました。
とても楽しいレッスンでした。大声で笑う様な楽しさでは無く、これから毎日練習して行くのが、新たにワクワクと楽しみになるような楽しさです。静かに凄い人だなあ、と思いました。


4 thoughts on “ピーター・ぜルキンのレッスン

  • 自称第一番目のファン

    その道の本当に偉大な人の教えを受けられる、というのはものすごい恩恵で、素晴らしい体験だと思います。 そしてその教えの偉大さを理解できる弟子も素晴らしいです。 きっと教えていてぐんぐん入っていくのを体験して、先生の方もわくわくしていらっしゃったと思います。 羨ましくなるほど素晴らしい体験でしたね。

  • ピアニスト、makicha

    >自称第一番目のファンさん
    「偉大」でも教えるのが下手な人も、また性格が不一致で上手くいかない場合も多々あると思いますが、ピーター・ぜルキンと私は視点に共通する所が在ったのだと思います。彼の言わんとする所がすんなりと分かり、彼も喜んでいてくれたみたいでした。とても嬉しい出会いでした。
    コメント、ありがとうございます。日本は暑いですか?タングルウッドは20度に届いたり、届かなかったり、と言う快適な気候です。
    マキコ

  • へびのくりん

    当方の地元福井では最高気温35度超えの真夏日が続いています。
    ゼルキン氏は7月24日(63歳の誕生日)タングルウッドでブラームスのピアノ協奏曲第1番を演奏する予定が,本番2日前に突然の病気降板!バースデーカードに「本番上手くいきますように」と書いて送ってしまったので,フォローに困る……。
    その後の彼の動向がなかなか報じられず心配してましたが,個人レッスンができる位回復したのなら何よりです。

  • ピアニスト、makicha

    >へびのくりんさん
    そうですね。今はカナダにご旅行中です(多分演奏旅行?)。来週また特別にレッスンして下さるようなので、楽しみにしています。ブラームスをキャンセルなさった時は皆でびっくりしていましたが、レッスンは皆とても素晴らしいものでした。
    マキコ

Comments are closed.