「ピアノの時間」エピソード8が放映されました。 2


ロサンジェルスの日本語テレビ放送Ntb(Newfield Television Broadcasting)で私が担当しているミニ・シリーズ「ピアノの時間」のエピソード8が放映されました。

このエピソードからは、先月ロサンジェルスでのチャリティーコンサートに参加するために行った際、スタジオでまとめ撮りしたものです。今までは、一人で学校の練習室で、機材も学校から借りてやっていました。カメラ操作もマイクのことも良くわからなくて、めくらめっぽうでやっていたので、音質が悪かったり、画面が暗かったりして、放送できなくて没になったものもたくさんありました。それに、一人で部屋にこもってカメラに向かってしゃべる、というのはとても変な物です。

でも、このエピソードからは、Ntbのスタッフの方と一緒に笑いながら楽しく撮ったものです。音質もとても良いですし、私の笑顔も本物です。ちゃんとドレスも着ています。

次のURLの11分目から15分30秒までが私の「ピアノの時間」です。今回のテーマは「歴史を反映する音楽」で、ショパンの革命のエチュードを弾いています。

http://www.soto-ntb.com/program/2011-05-01/


2 thoughts on “「ピアノの時間」エピソード8が放映されました。

  • abbros/kawashima

    お久しぶりです。なるほど、今回の明るい伸びやかな印象の原因がわかりました、良い環境というものがいつも人間の行いには必要なんですね。帰国されたら、ご家族との時間を楽しんでください。

  • ピアニスト、makicha

    >abbros/kawashimaさん
    お帰りなさい!
    コメント、嬉しいです。
    本当ですね。そして人間は人と人の間にある、とはよく言ったものですよね。
    真希子

Comments are closed.